需要と供給に応じた価格変動!ダイナミックプライシングのメリット・デメリットと導入事例

最近では、ダイナミックプライシングを取り入れたサービスを目にする機会が増え、日常に浸透しつつあります。

そこで、自社でもダイナミックプライシングの導入を検討しようにも仕組みがわからず、頭を悩ませている担当者もいるのではないでしょうか。

本記事では、ダイナミックプライシングの仕組みを、導入事例とともにわかりやすく解説します。

ぜひ、本記事を参考に、収益の最大化を狙うためにダイナミックプライシングを理解してください。

ダイナミックプライシングとは?

ダイナミックプライシングとは、商品・サービスの需要に合わせて価格や料金を変更し、最適な価値で提供する仕組みを指します。

季節や周辺状況によって需要が変化しやすいホテル業界や航空業界で取り入れられたのが発端です。

例えば、夏休みになると多くの方が旅行のために飛行機や宿泊施設を利用するようになります。

しかし、夏休みが終われば利用者はグンと減るため、同じ価格帯で提供し続けると収益に損失が生まれやすくなるのです。

需要が多い時に価格を高く設定するからこそ、需要が少ない時期に価格を下げてニーズを高め、安定した収益を得る、というのがダイナミックプライシングの基本になります。

ダイナミックプライシングの仕組み

このシステムは、需要と供給のバランスに基づいて価格を変動させることができます。需要が高い商品や供給不足の商品に対しては価格を上げ、逆に需要が低い商品や供給過多の商品に対しては価格を下げることが可能です。

イメージ

機械学習を活用したアルゴリズムの役割

ダイナミックプライシングでは、機械学習を活用したアルゴリズムが自動的に価格を算出し、適切な価格設定を行います。

具体的には、過去のデータや市場動向、季節性、在庫状況、競合他社の価格、お客様の購買履歴などの様々な要素を考慮し、最適な価格を決定します。

機械学習アルゴリズムは、大量のデータを分析し、価格変動のパターンを把握することができます。また、アルゴリズムは常に学習し進化するため、市場環境の変化や顧客のニーズに素早く対応できるという利点があります。このように、機械学習を活用することで、企業は効率的かつ柔軟に価格戦略を実行することが可能になります。

しかし、アルゴリズムの精度や適用範囲が重要です。適切なデータの収集や前処理が不十分であったり、アルゴリズムが適切にチューニングされていない場合、価格設定が不適切になることがあります。そのため、企業はアルゴリズム開発や運用に十分な注意を払い、最適な価格戦略を実現するために、データ品質やアルゴリズムの精度向上に努めることが重要です。

ダイナミックプライシング導入のメリット・デメリット

ダイナミックプライシングの導入には、当然メリットもありますが、デメリットも存在します。特に導入をする際には、デメリットが自社にとって問題ないのかどうかも含めて確認してみてください。

メリット①:最適価格による収益の最大化

ダイナミックプライシングは、需要変化に対応した最適価格設定が可能であり、企業の収益最大化を目指すメリットが大きいです。

高需要時に価格を上げることで利益を増やし、一方で閑散期には価格を下げて顧客が利用しやすい環境を整えることができます。

最適価格を見極めるためには、過去のデータをもとにした正確な未来の需要予測が欠かせません。

そのため、ダイナミックプライシングを取り入れる企業は、AI技術を活用したシステムの導入が積極的に進められています。

メリット②:在庫や人的リソースの削減

ダイナミックプライシングの導入により、在庫や人的リソースの効率化が期待できます。ニーズに応じた価格設定が可能なため、余剰在庫を抑えることができます。

また、ダイナミックプライシングシステムを活用することで、マーケティング部門の業務負担が軽減され、人的リソースの確保につながります。

特に、手動での価格決定に頼っている場合、業務負担が大きくなるだけでなく、予測の誤りが生じることもあります。

しかし、AI技術を利用することで、より正確な価格帯の提供が実現し、人的リソースの削減とリターン最大化が両立できます。

メリット③:顧客満足の向上

顧客にとって商品・サービスを安く利用できるチャンスにつながる点もダイナミックプライシングのメリットです。

需要が増えると価格が高くなるからこそ、価格の低い時期に利用したいという方もいるでしょう。

そうすると、安い時期に利用できてよかったという顧客満足につながり、なおかつ業務の平準化にも期待できます。

ダイナミックプライシングは企業側だけでなく、顧客にとって満足できる仕組みでもあるのです。

デメリット①:初期投資にコストがかかる

ダイナミックプライシングを手動で導入する企業は少なく、多くの場合、システムを導入するはずです。

そのため、初期投資にコストがかかってしまうデメリットは避けて通れないでしょう。

しかし、初期投資にコストをかける分、収益は価格固定で提供するよりも増える可能性があるため、十分に回収可能です。

長期的な視野で見るとプラスにはなりますが、初期段階がマイナスになる点は把握しておきましょう。

デメリット②:顧客からの反感を招いてしまう可能性がある

ダイナミックプライシングの突然の導入は、顧客の反感を引き起こす可能性があります。特に、需要が高い時期に価格が上がることで、顧客の不満が増すことが考えられます。

事業開始時にダイナミックプライシングを取り入れる場合は問題ありませんが、既存の商品・サービスに途中で導入する際は慎重に行う必要があります。価格変動制の導入を事前に告知し、賛成・反対の意見を収集するアンケートを実施することで、顧客の反応を把握することができます。

商品・サービスや顧客の反応によっては、ダイナミックプライシングを適用しない方が良い場合もあるため、顧客の反感を避けるために十分な配慮が必要です。

ダイナミックプライシングの導入事例

日常生活において、需要に応じて価格が変わる仕組みを取り入れているシーンは多く見かけます。

ここでは、ダイナミックプライシングがどのような業界で取り入れられているのかについて見ていきましょう。

航空業界

ダイナミックプライシングを浸透させたのは、航空業界といっても過言ではありません。

飛行機の搭乗は、余った座席を翌日に持ち越すことができないため、当日にどれだけ売り切るかが収益の鍵となります。

需要が高くなる行先、シーズンによって航空チケットの価格が高くなり、逆に需要の低いチケットは安くなるのが基本です。

また、搭乗日以前から航空チケットの購入予約をしてくれた顧客に対しても、価格が安くなるサービスを提供しています。

翌日に在庫を持ち越せないからこそ、収益の安定化のために早期購入割引を組み合わせているのが航空業界の特徴です。

ホテル

ホテルも翌日に在庫を持ち越せない業態のため、ダイナミックプライシングを取り入れています。航空業界とは違い、ホテル業界は競合が多く、季節やイベントによって左右されやすいです。

そのため、早期予約や予約キャンセルの際は通常価格より安く利用できる、といったシステムを導入しているケースが見られます。

他にも、以下のようなダイナミックプライシングの活用があります。

・当日利用顧客もいるため、安い料金と通常料金で提供する部屋を設ける

・当日キャンセルがあった際に「ワケありプラン」として該当の部屋を安い料金で提供する

レンタカー

ここ数年でダイナミックプライシングの導入が加速しつつあるのが、レンタカー業界です。

単純に車を借りる際の需要に合わせて料金が変動するだけでなく、レンタカーの利用が安くなった際に、顧客へ知らせるWebサイトなども海外では取り入れられています。

レンタカーの需要は、シーズンだけでなく、時間や天気、周辺のイベントにも影響するため、予測が難しいとされていました。

しかし、AI技術の発展によって、ビッグデータをもとに的確な価格提供の予測ができ、ダイナミックプライシング導入の動きが見られるようになったのです。

ダイナミックプライシングの導入手段

ダイナミックプライシングを導入する際は、以下の方法の中からいずれかを選択する必要があります。

・自社開発

・ツール利用

・受託開発

もし、システム開発ができる部門が社内に存在するなら、自社開発するのがいいでしょう。

ただし、部門が存在しない場合は、自社の業界向けのツールがあるかどうかで、ツール利用・受託開発かを見極めてください。

まとめ

ダイナミックプライシングは、需要に合わせて価格を変動させることで、収益の最大化を狙うことができる仕組みです。

現在では、航空業界やホテル業界をはじめ、実に多くの業界で取り入れられており、事業によっては抵抗感なく受け入れられる場合もあるでしょう。

ただし、メリットだけでなく、デメリットも必ず理解しておき、自社にとって最適かどうかを判断しなくてはいけません。

ぜひ、ダイナミックプライシングの仕組みを理解して、自社に活かせるかどうかを検討してください。

■記事作成:メトロエンジン株式会社

2016年創業。ダイナミックプライシングを活用したSaaSシステムのパイオニアとして躍進。ビックデータから人工知能・機械学習を活用し、客室単価の設定を行うダイナミックプライシングツールをホテルなど宿泊事業者に提供。また、レンタカー業界や高速バス業界など幅広い業界のDX支援事業も展開している。

サービスに関するお問合せはこちらから

お問い合わせ

お名前

会社名

役職

メールアドレス

電話番号

問い合わせサービス

お問い合わせ内容