レベニューマネージャーとは?仕事内容や将来性について徹底解説

ホテルの売上や利益を最大化するうえで重要な役割を担っているのが「レベニューマネージャー」です。レベニューマネージャーの戦略次第で、売上が3~5%変わってくるといわれています。

レベニューマネージャーとは、具体的にどのような業務を行う人のことなのでしょうか。レベニューマネージャーの仕事内容や給与、将来性などについて詳しく解説します。

レベニューマネージャーとは?

「レベニュー(revenue)」とは英語で「収益」を表す言葉です。ホテルにおける「レベニューマネジメント」とは、需要と供給のバランスに応じて宿泊費を弾力的に変化させ、売上と利益が最大化するようマネジメントすることをいいます。

ホテルには曜日や季節、エリアでのイベントの有無などによって大きく需要が変動するという特徴があります。また、小売業などと違って在庫を繰り越すことができない商売のため、需要予測に基づいて宿泊費を調整することによって、売上・利益の最大化に努めることが欠かせないのです。

こうしたレベニューマネジメントを担当する人は、「レベニューマネージャー」と呼ばれます。レベニューマネージャーの戦略や采配がホテルの収益に直接的な影響を及ぼすことから、レベニューマネージャーはホテル経営において非常に重要なポジションといえます。

レベニューマネージャーの仕事内容

では、レベニューマネージャーは、具体的にどのような業務を担っているのでしょうか。

レベニューマネージャーの仕事はPDCAの繰り返しです。カレンダーや過去の実績、周辺ホテルの動向といったさまざまな要素をもとに、戦略を策定し、プランニングを行います。

ゴールデンウィークや年末年始といった需要が高まるタイミングでは宿泊費を上げて売上・利益を上乗せし、需要が下がる時期には宿泊費を下げて空室を埋めるなど、最適なタイミングで最適な価格を設定することにより、最大限の利益を生み出すことがレベニューマネージャーの役割です。

計画を立てたらそれで終わりではなく、結果を分析することで今後の改善点をあぶり出し、次のプランニングに反映していきます。「近隣に新しいホテルがオープンした」「外国人観光客が増えてきた」「客室の改装工事を行った」など状況は年々変わってくるため、レベニューマネージャーには、緻密な分析力と大局的な視点を持ち、あらゆる要素を考慮しながら収益の最大化を図る能力が求められます。

レベニューマネージャーの給料

レベニューマネージャーの仕事には高い専門性が求められるうえ、ホテルの収益に与えるインパクトも大きいことから、レベニューマネージャーにはホテル業界でも比較的高い給与が設定されています。

ホテルによって異なるものの、レベニューマネージャーの年収はおおむね400~700万円程度。月給は30~50万円程度で、別途賞与が支給されることが多いようです。レベニューマネージャーには原則として深夜勤務はありませんが、状況により残業となった場合は、追加で残業手当が支払われます。

レベニューマネージャーの将来性について

レベニューマネージャーは専門的なスキルやマネジメント経験などが求められる仕事であることから、ホテル業界でも一目置かれる存在です。ただし、最近ではホテル業界全体の人材不足やコスト削減の観点から、専任のレベニューマネージャーを雇用するかわりに、レベニューマネジメントを外注したり、システムで代用したりするホテルも増えてきました。

近年は、AIをはじめとするテクノロジーの発展により、ビッグデータを分析することで、これまでレベニューマネージャー(人)がやってきた仕事の大部分をシステムに置き換えることが可能になっています。今後もレベニューマネジメントの自動化の流れは加速していくと考えられ、よほどの差別化要素がない限り、レベニューマネージャーとしての生き残りが難しい時代がやってくるかもしれません。

実際にホテル業界では、マリオットホテルが1990年代からいち早く自動レベニューマネジメントツールを導入。のちに、宿泊客の予約パターンから客室稼働率の最適化と価格レコメンデーションを行う機能も追加し、レベニューマネジメントの自動化を実践しています。

レベニューマネジメントツールを取り入れるメリット

レベニューマネジメントツールの活用には、コスト削減やスタッフの業務負荷軽減、収益最大化などさまざまなメリットがあります。レベニューマネジメントツール導入のメリットについて、具体的にみていきましょう。

採用コストや時間を削減できる

レベニューマネジメントツールを導入するメリットのひとつが、レベニューマネージャーの採用にかかる金銭的・時間的コストを削減できることです。

効果的なレベニューマネジメントを行うには、相応のスキルや経験が必要になってきます。したがって、優秀なレベニューマネージャー(人)を採用しようと思えば、それに見合ったコストを覚悟しなければなりません。

近年はホテル業界の人材不足が問題となっており、優秀なレベニューマネージャーを見つけること自体が容易ではなくなっています。また、特に中小のホテルにおいては、仮に候補者が見つかったとしても、スキルの見極めが難しいといった問題から、採用プロセスにかなりの時間がかかってしまうことも珍しくありません。

レベニューマネジメントツールの導入は、こうしたレベニューマネージャーの採用にかける金銭的・時間的コストを削減することにつながります。

社内スタッフの作業量を軽減できる

レベニューマネジメントツールを導入するメリットの2つ目が、スタッフの作業量を削減できることです。

いくらレベニューマネジメントが大切な業務だといっても、中小のホテルでは専任のレベニューマネージャーがおらず、ほかの業務と兼業しているケースも多いでしょう。

過去の実績や周辺ホテルの動向など、さまざまな情報の収集や分析をしなければならないレベニューマネジメントは膨大な時間がかかるため、ほかの業務を圧迫してしまっているケースや、手間がかかるがゆえに理想的なレベニューマネジメントができていないケースも少なからず存在します。

レベニューマネジメントツールを導入すれば、これまで人が行っていた業務の多くをシステムで自動化することができるので、スタッフの業務負荷が軽減されます。

大きな収益の損失につながる恐れがなくなる

ホテル経営において、レベニューマネージャーの采配が収益に直接的な影響を与えることはすでに述べました。そしてときには、レベニューマネージャーのミスが大きな損失につながることもあります。

ところが、ホテルによってはレベニューマネージャーの実務を理解している人がほかにおらず、レベニューマネージャーの采配の良し悪しを評価できないことがあります。レベニューマネージャーの仕事ぶりを客観的に評価できないまま任せっきりにしてしまうと、そのぶん失敗したときの損失も大きくなってしまうため、非常にリスクが高いといえます。

レベニューマネジメントツールを導入することによって、レベニューマネジメントの属人化から脱し、大きな損失につながる失敗を未然に防ぐことも可能になります。

収益を最大化にすることができる

レベニューマネジメントツールを導入するメリットの4つ目は、ホテルの収益最大化につながる点です。すでに述べた通り、ホテルには曜日や季節などさまざまな要因によって大きく需要が変動することに加え、在庫が繰り越せないという特徴があります。

そのため、365日同じ価格で販売していては、需要が高まるときの売上を最大化することができません。反対に、需要が下がる時期は空室が埋まらないという問題が生じるでしょう。だからこそ、ホテルの需要を左右するさまざまなデータを分析し、弾力的に価格を調整することで収益の向上を図るレベニューマネジメントが果たす役割が大きいのです。

レベニューマネジメントツールを導入して、効率的なレベニューマネジメントを行うことで、売上・利益の最大化を目指すことができます。

まとめ

需要と供給のバランスに応じて柔軟に価格を変動させる戦略が当たり前になっているホテル業界において、レベニューマネージャーは収益に影響を与える重要な役割を果たしています。

一方、最近では、レベニューマネジメントツールの導入によって、これまで人が行っていた業務の大部分を自動化することも可能になってきました。業務の属人化を防ぎつつ、効果的にレベニューマネジメントを実践したいホテルにとって、レベニューマネジメントツールの導入は有力な選択肢となるのではないでしょうか。

■記事作成:メトロエンジン株式会社

2016年創業。ダイナミックプライシングを活用したSaaSシステムのパイオニアとして躍進。ビックデータから人工知能・機械学習を活用し、客室単価の設定を行うダイナミックプライシングツールをホテルなど宿泊事業者に提供。また、レンタカー業界や高速バス業界など幅広い業界のDX支援事業も展開している。

サービスに関するお問合せはこちらから